滅亡するほどAIしてます

みんなと特撮を楽しみたいのです。

経済的視点から語る【ウルトラマンタイガ感想】第20話「砂のお城」

f:id:metuboujinrai_ark:20191116190429j:plain

こんばんわ(*^-^*)ギラファです。

本日(2019年11月16日)放送のウルトラマンタイガの感想を語りたいと思います。

 

 

ウルトラマンタイガ 第20話「砂のお城」の感想。

本日はトレギアさんは姿を見せずお休みでした。

その分,ヴィランギルドが動きます。

 

ヴィランギルド

ヴィランギルドとは,簡単に言うと悪い宇宙人で構成されたマフィ○のようなものです。

ウルトラマンタイガ第1話の怪獣オークションのシーンは,ウルバトを思い出すため,ウルバトファンの心をくすぐったと思います。

 

今回ヴィランギルドが犯罪で使用したのは怪獣ではなく,超獣です。

そのことから,ヴィランギルドには「ヤプールさんが力を貸していた?」と推測ができてしまいます。

過去のウルトラマン作品の中には,ヤプールさんが関わっていないであろう超獣もあったので,何とも言えませんが(笑)

 

ゾリンコーポレーション

ゾリンコーポレーションとは,ヴィランギルドのゼットン星人・ゾリンさんが作った,実体のない会社の事です。

ここはあくまでギラファの推測ですが,ゾリンコーポレーションは空売りで儲けていたのではないかと思われます。

 

空売りとは

空売りとは,「手元に持っていない株式を,証券会社から株券を借りて売ること」です。

ちなみに証券会社に担保としてお金を預けます。

 株価が下がることが予想して,借りた株券を売却。

その後予想通り株価が下落したところで買い戻して利益を得るものです。

 

要するに,空売りとは「株価が下がれば下がるほど儲かる」ということです。

 

ゾリンコーポレーションが儲かる仕組み

重ねてお伝えします。

ここはあくまでギラファの推測であり,公式ではありません(^_^;)

 

劇中で株価の動きのシーンがあります。

その裏では,こんなことがあったのではないでしょうか??

 

  1. エネクロン社に対して,ゾリンコーポレーションが事前に空売りを仕掛ける
  2. その後超獣を使ってエネクロン社の設備を襲う
  3. 設備被害のニュースが流れる
  4. 株価が下がる
  5. 株価が下がったところをゾリンコーポレーションが買い戻す
  6. エネクロン社が設備被害に対する対策を発表
  7. 発表を受けて,その他の投資家が株式を購入し,株価が上がる
  8. 最初に戻る

 

これを繰り返していたのではないかと思います。

ゾリンコーポレーションは超獣という暴力を利用して,せっせとお金を稼いでいたのでは…とギラファは推測します。

 

株価が下がれば下がるほどもうかるので,市場が混乱することを利用して大儲けを狙っていた可能性もありますね(笑)

 

来週のトレギアさんは?

次回はトレギアさんが動きます。

詳しいことは伏せますが,いろいろと大活躍をされるみたいです(*^-^*)

来週も楽しみですね。

 

今回は「地球人と宇宙人の幼馴染の絆の話」

…という本来の話からフルスイングで外れ,経済的な視点での感想を書いてみました(/・ω・)/

(まぁ悪の視点から書いてる時点で,王道ではない気がしますが…(笑))

 

 

それでは皆様,充実した特撮ライフを楽しんでいきましょう(^◇^)