滅亡するほどAIしてます

みんなと特撮を楽しみたいのです。

イズにゼロワンのメモリーがない!?仮面ライダーゼロワン感想と考察「プレジデント・スペシャルPART.01」

タイトル 仮面ライダーゼロワン プレジデントSP1考察

こんばんわ(*^-^*)ギラファです。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

お仕事の方は本当にお疲れ様です。

お休みの方は明日への英気を養ってください。

さて,本日放映された仮面ライダーゼロワンの感想・考察を語っていきます。 

それでは,皆様お付き合いをよろしくお願いいたしますm(__)m

2020年5月17日放送 仮面ライダーゼロワン「プレジデント・スペシャルPART.01」の感想と考察

イズちゃんに仮面ライダーゼロワンのメモリーがないことから,仮面ライダーゼロワンのメモリーをラーニングしていく形で,これまでの物語を振り返っていく内容でした。

 

【考察】イズちゃんに何が起きた?

 

今回イズちゃんにおきた変化は……

  • ゼロワンのメモリーがない
  • 滅亡迅雷.netのメモリーがある
  • 仮面ライダーサウザーのメモリーがある
  • アークのことをラーニングする話題になった時,一瞬の間があった

 

以上のことからイズちゃんにおきたことは…

 

考えられる可能性
  • アークにハッキングされた可能性がある
  • それにより仮面ライダーゼロワンのメモリーを失った
  • また,仮面ライダーサウザーのメモリーがあることから,裏でZAIA社長が絡んでいる可能性もある

こういったことが考えられます。

 

もう少し突拍子もないことを考えると,今回のお話で出てきたイズちゃん自体がこれまで登場したイズちゃんと別の存在である可能性

このことも考えられます。

 

今回イズちゃんに何が起きたのかは今後の劇中で明かされますが,これだけは言えます。

主人公の活躍は,イズちゃんの献身的なサポートがあればこそです。

イズちゃんを破壊する,もしくは自分達の陣営に引き込むことができれば…勝利の可能性は飛躍的に向上していきます。

主人公と敵対する陣営であれば,即座にこのことを思いつくでしょう(^◇^)

 

成長する迅

今ではヒューマギアの救世主として活動し,滅亡迅雷.netの頼もしい戦士として活躍している迅さんです。

仮面ライダーゼロワン RKF 仮面ライダー迅 バーニングファルコン

 

改めて今回の総集編で,はじめの頃の迅さんを振り返って見ると…迅さんは無邪気な子供の様でした。

迅さんの成長はラーニングのなせる業と言ったところでしょうか?

物語が進むにつれ,キャラクターが成長していくことは良いことです。

それだけでなく迅さんがパワーアップしていますしね(*^-^*)

何よりもカッコよくなっています。

【重要】さらっと核心に触れている!?

仮面ライダーバルカンこと不破さんは,滅さんが変身した仮面ライダー滅とはじめて戦った時に敗れています。


仮面ライダーゼロワン RKF 仮面ライダーランペイジバルカン

 

その時に重傷を負いました。

治療のために手術をうけています。

 

今回イズちゃんは,さらっと「この手術のときに不破さんの頭の中に亡(なき)さんを埋め込んだ」と話しています。

「こんな重要な話をさらっと言っちゃダメでしょ‼」とツッコミがはいります(笑)

 

ちなみにイズちゃんがさらっと爆弾発言をしたので,ギラファもお伝えします。

プロジェクトサウザーではZAIA社長がこの手術の件にもからんでおります

 

仮面ライダーゼロワンは,何から何までZAIA社長が絡んでいるのですよね(*^-^*)

ある意味影の主人公です。


仮面ライダーゼロワン RKF 仮面ライダーサウザー

 

ギラファはこういうクセの強いヴィラン,結構気に入っていますよ♪(^◇^)

 

次回「プレジデント・スペシャルPART.02」

いかがでしたか?

ラストシーンで,アークの中に主人公はいます。

そこで見たのは…新しい敵と思われる黒い影の存在。

この黒い影はイズちゃんの変化に関係しているのか?

それともまた別の存在なのか?

物語を盛り上げてくれます(*^-^*)

さて次回も,これまでの話を振り返る総集編です。

ただの総集編ではなく,これからの物語を楽しむためのスパイスになるような素晴らしい内容であるでしょう。

 

ここまでお付き合い頂き,ありがとうございますm(__)m

それでは皆様の日常が,1000%素晴らしいものになりますように(^◇^)

 

⇩今回のイズちゃんの爆弾発言に関連する

プロジェクトサウザーの感想考察はこちらです

www.metujin.com

これまでの話の感想考察はこちらです♪

スポンサーリンク