滅亡するほどAIしてます

みんなと特撮を楽しみたいのです。

キラメイジャー第10話感想と考察「ガルザとクランチュラ個性的な幹部」

タイトル キラメイジャー第10話感想

こんばんわ(*^-^*)ギラファです。

本日は,毎週日曜に放送中の魔進戦隊キラメイジャーの感想についてお伝えさせて頂きます。

当ブログは,ヴィラン(敵)の魅力を発信することを主としております。

ですので,キラメイジャーの敵ヨドンヘイムの視点でお伝えをしていきます(笑)

それでは皆様,お付き合いをよろしくお願いいたしますm(__)m

2020年5月10日放送 魔進戦隊キラメイジャー第10話「時雨おいかける少女」の感想

冒頭はブルーである時雨さんの特訓からはじまります。


魔進戦隊キラメイジャー 戦隊ヒーロー04 キラメイブルー

 

戦隊ものは,冒頭の特訓が話の中ピンチを乗り越えるカギになりますね。

今回の話の主役は,時雨さんと小夜さんです。

時雨さんはカッコを付けながらどこかコミカルであり,小夜さんは大人の女性として活躍しました。

主役であることもあり,2人の魅力が凝縮されたお話でした。

 


魔進戦隊キラメイジャー キラメイジャーロボシリーズ02 魔進合体 DXキングエクスプレスセット

 

ヨドンヘイムの作戦

ネットアイドルを使うという作戦です。

リュウソウジャーでもありましたが,ネットを使った作戦はとても現代チックですね。

 時代に合わせた作戦を行うことは見事です。

ちなみにネットアイドルは,時雨さんのおっかけ(?)がチョイスされています(^O^)

 

余談ですが…

今のトレンドを活かした特撮の悪役が行う作戦。

これは後々に作品を観た時に,「当時何が流行ったのか?」が分かるので個人的には大好きです(^◇^)

 

今回の邪面師は,ミュージック邪面です。

ミュージックティーチャーではありませんよ(笑)

このネタが分かる方は笑ってください(*^-^*)

*分かりにくいネタですいませんm(__)m

 

クランチュラとガルザ,対極な幹部達

仲が悪いクマとウサギ

 

ヨドンヘイム陣営での冒頭のシーンで……

クランチュラさんが,ガルザさんにケンカを売るような発言をします(^▽^;)

 

これまでガルザさんが戦闘中激高し,暴れた時は

「怖っ…ガ、ガ、ガ、ガルザ、怖っ!!」

とクランチュラさんは言います。

 

怖いのにケンカを売るのは,ホントに怖がっているのかが疑問になります(笑)

これまでクランチュラさんは何度か「ガルザ,怖っ!」と言うシーンがあるので,本当に怖がっているのでしょう。

 

ちなみにギラファから見てクランチュラさんは,全体的に小心者で小物感があります。それでもどこか憎めないところがあり,ガルザさんとは違った魅力があります。

 

小物だからこそ,知恵を使うところがクランチュラさんの魅力です。

逆に強くえげつなく,カッコイイところがガルザさんの魅力です。

 

この対極の魅力を持つ2人が,キラメイジャーの敵として物語をどんどん盛り上げてほしいです( ̄▽ ̄)

今回の戦闘もテスト?

 

ガルザさんは,戦隊の巨大ロボと邪面獣の戦闘でスモッグジョーキーを駆ります。

今回スモッグジョーキーは,魔進エクスプレスに乗っ取られることはありませんでした。

 

戦隊の作戦で味方に攻撃してしまうことがありましたが,スモッグジョーキーを乗っ取られることがなかった。

これはこれまでとは違います。

ジャメンタルが一定の水準を超えれば,魔進が乗っ取られることはない。

このことが分かったことにより,ジャメンタルを一つ把握できました。

以上のことから,今回の戦闘でのテストは上々と言えるでしょう。

 

ジャメンタル把握,ガルザさんのレベルアップが完了したその時。

ガルザさんの反撃が始まるでしょう(*^-^*)

スポンサーリンク

 

次回は「キラメイジャーエピソードゼロ」

いかがでしたか?

ヴィラン(敵)が魅力的だからこそ,主人公たちが輝くのだと思います。

ヴィランが魅力的でないと,主人公や物語も面白くないことは多くあります。

これからもヴィランの魅力を発信していきます(*^-^*)

 

次回はキラメイジャーエピソード0です。

全ての物語が始まる話です。

第1話が始まる前の話ですね。

来週も楽しみです♪♪

 

お付き合いありがとうございましたm(__)m

皆様の日常が1000%良いものになりますように(^O^)

 

 

⇩キラメイジャー前回の感想考察はこちらです

 

 仮面ライダーゼロワンの感想考察も語っております♪

悪側の視点から語ることが多いです(=゚ω゚)

www.metujin.com