滅亡するほどAIしてます

みんなと特撮を楽しみたいのです。

【キラメイジャー考察】裏切りの鬼将軍ガルザに迫る(8話9話感想)

タイトル キラメイジャー8,9話感想ガルザ編

こんばんは(*^-^*)ギラファです。

本日は,キラメイジャーのエピソード8,9を観た感想についてです。

当ブログは,主に悪の視点からの考察をしております。

そこで本日は,キラメイジャーのヴィラン(敵)ガルザさんについての考察をお伝えしていきます。

それでは皆様お付き合いをよろしくお願い致しますm(__)m

ガルザがオラディン王を憎む理由

ガルザさんは,兄であるオラディン王を憎んでいます。

そしてキラメイレッドこと熱田充瑠さんのことも,憎む対象となっております。

充瑠さんの発言が,ガルザさんの兄とうり二つだからです。

 

ガルザさんが兄を嫌っている理由。

それは,兄が自分よりも早く生まれたというだけで自分を見下しているから。

 

しかし劇中を観ていると,オラディン王は弟を見下しているようには観えません。

ガルザさんの思い込みの可能性があります。

 

兄よりも弱い奴が大嫌い

弱い奴は要らないというネコ

弱い奴は要らないニャー

 

これもガルザさんの考えの一つです。

キラメイジャー第7話にて,兄弟邪面師が登場しました。

弟の邪面師の肩入れをしているかと思いきや,実は兄の邪面師と協力をしていたのです。

そして,使い捨てにした弟の邪面師に言い放ちます。

 

「弱い方が使い捨てになるのは当たり前の話」

 

「強いものは弱者にたいして,何をしても良い」という考えがよく分かる行動です。

悪役としては,非常に魅力的。

でも,王としての資質には欠けるエピソードと言えます。

魔進を生み出せるもの

キラメイジャー第6話の最後と,第7話の始めに強い光の中に見えるキングエクスプレス

 

その存在に気付いているのは…

  • 充瑠さん
  • ガルザさん

この2人のみでした。

 

このことから,こう考えられます。

Point!

魔進を生み出せるものにしか,次に誕生する魔進の存在を感じることができないのでは?

 

現時点の劇中を観ていると,充瑠さんが魔進を生み出す力はオラディン王と変わらないと思えます。

先のキングエクスプレスが見えていることから,ガルザさんも魔進を生み出す力はあまり変わらないことが想像できます。

 

レッドとの違い,オラディン王との違い

ただ……

ガルザさんが生み出した魔進スモッグジョーキーには,戦隊側の魔進のように自我があるようには見えません。

 

ただの兵器を作ることには長けていても,相棒を生み出す力に欠けていることが想像できます。

 

ガルザさんと,兄であるオラディン王との違い…

この点においてガルザさんには,王である資質に欠けていたのでは?

ギラファはそう思います。

 

ガルザ,悪役としては魅力的

キラメイジャー第9話を観ていて,ガルザさんはジャメンタルの研究をするかのように行動しています。

「自分自身の能力について,どうしたら力が高まるのか?」

それらを検証する行動は,ギラファとしては好感が持てます。

読書するリス

日々確認する姿勢は大事ですね!

自分の能力を把握せずに倒される悪役は,コミカルなキャラクター性を持つものが多いです。

ですが,悪の幹部が自分の能力を把握していないのはカッコ悪い。

その点,その辺りをおさえているガルザさんは魅力的な悪役だと思います。

 

いかがでしたか?

キラメイジャー第8,9話の感想をもとに,ヨドンヘイム(敵)の幹部ガルザさんについて考察をしました。

文章から大体伝わっているでしょうが,ギラファはガルザさんを結構気に入っているので,長く活躍してほしいなと思っています(*^-^*)

 

前後回の感想考察はこちらです♪

 

 

お付き合いを頂きありがとうございます。

皆様の日常が1000%充実したものになりますように(*^-^*)

スポンサーリンク